[ ちゃんとやります! ]

  • 小林由木のブログ
  • 2016 | 08
    2015 | 04 | 05 | 06 | 07
    2014 | 04 | 06
    2013 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10
    2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08
    2011 | 10 | 11 | 12
    2010 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12

    今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします

    kobayashi  2011年12月31日(土曜日) 20:20  
    今年一年お疲れ様でした、にゃんぱ〜い!

    と、いうことで、大晦日です。

    今年はいろいろありましたが、何より私が今年良かったのは

    「もともと私はラッキーな人だったのだ」

    ということに気が付いた、思い出せたこと。

    今年は本当に自分の力だけではないことで、「ああ、よかった」と思えることが多かった。

    そういう人が周りにいる、ということが、本当にラッキーであり、自分が生まれつき持っているラッキーな星なのだ。

    と、思えたこと自体が、今年のラッキーでした。

    今後もそれを忘れないでいられそうです。

    ということで、良い年が過ぎ、また良い年がやってきます。

    今年もお世話になりました。

    来年もよろしくお願いいたします。

    リンク元  (612)

    ラーメン 3年2ヶ月

    kobayashi  2011年12月26日(月曜日) 14:37  
    大勝軒目黒店に行ってきた

    おいしかった。終わりである。お店とメニューの感想は。

    でも、いくらでも話題というのは引っぱれるので、終わりにはしないのだが、大勝軒というのは、確か池袋が発生で、今はずいぶんとのれん分けしている。

    間違いないよな? 確認。

    つけ麺と言えば「大勝軒」というイメージもある。つけ麺好きの妻と私は勇んで店へ向かった。

    で、当然のようにつけ麺を食べた。大勝軒では「もりそば」というんだけど。とにかく私は普通のもりそば、妻は味噌もりそばを注文し、食した。
    が、私たちが座っていた席の右隣も左隣も「あぶらそば」を注文し、食していた。う〜ん、うまそうだ。。。
    もちろん、自分たちの食べたものも十分おいしかったのだが、あぶらそばが気になってしまう。

    店を出てから、妻と「次は『あぶらそば』を食べよう!」と次回に思いをはせながら、大鳥神社の前を通り過ぎた。

    さて、私と妻は月に一回、ランチにラーメンを食べに行くことに決めいている。だいたい、給料日前あたりの、休日である。
    月に一回というのは、健康上の理由や、イベント感を盛り上げるために決めているのだが、とにかく、月に一回行くわけだ。

    で、先日、二人で散歩がてらに歩いて行ける範囲のラーメン屋をピックアップし、マップを作った(以前の記事参照)

    一覧すると、こんな。

    1、次郎
    2、あいうえお
    3、味噌一
    4、蓮
    5、わ蔵
    6、宗
    7、康竜
    8、春木屋
    9、ぷかぷか
    10、三ツ矢堂製麺
    11、大勝軒 目黒店
    12、俺式
    13、かおたんらーめん ちょろり
    14、勝丸
    15、揚州商人
    16、なおじ
    17、田丸
    18、魂心屋
    19、づゅる麺 池田
    20、東京うどん
    21、麺家 黒
    22、椿華亭
    23、野方ホープ
    24、権之助
    25、源屋
    26、しみる
    27、蒙古タンメン中本
    28、萬馬軒
    29、かけラーメン一番館
    30、九十九ラーメン
    31、香月
    32、瞠 恵比寿店

    ※他店名など不明6店舗


    で、月に一回行くとして、一回の来店では一つのメニューしか頼まないわけで、そのなりで38店舗を回っていくとする。

    2周目も単純に同じ順番で廻っていくとして、同じ店舗で二つ目のメニューを食べるには、1回目の来店の3年2か月になる計算。

    なんと、私たち夫婦が念願の「あぶらそば」を食べれるのは、実に2015年2月まで待たねばならないのだ。

    それは、まずい。大変困る。そもそも、その場で注文したいものを、となりのお兄さんのを味見したいくらいのものを、我慢して店を出たのである。
    2015年までは我慢できない。

    そこで、39店舗を厳選し、せめて1年くらいで廻れるように、12店舗を厳選することにした。

    妻と一緒に、「ここはいいから残す」「あそこはあれだから外す」とか「2番じゃ駄目なんですか?」とか言いながら“仕分け”していくのだろう。

    今年最後の大仕事である。いや、マジで。ヒマとかじゃないから




    リンク元  (621)

    忘年会

    kobayashi  2011年12月23日(金曜日) 09:15  
    言わずと知れた、年末に、今年1年の労をねぎらうことを名目に集まって、余計に疲れたりする、あれ。

    Evaも一応社会的な組織なので、毎年やってます。

    今年も20人ほど集まったが。しかし… 「忘年会」ってなんなんだろう?

    何か、今年一年の思い出を語って、「ああ、あの時は○○だったね」とか「来年はもっと○○できるようにしよう」とか、そういう会話があるわけではない。いや、一切ない。

    昨日の私が関わった話題一覧。

    ・チクリのヒゲの話
    ・Uくんのスーツの話
    ・36万円の五右衛門風呂の話
    ・Aちゃんの悩み
    ・会社の前にいた野良猫の話
    ・Gさんはターミネーターなんだろう、という話
    ・Yが俺のことを死ねばいいと思ってた話
    ・通信回線の今後
    ・Aちゃんが誕生日
    ・島根には人がいない
       ・
       ・
       ・

    う〜ん… これすべて、年末にふさわしい話題なのだろうか?

    なんで、年末の忙しい中集まったんだろう…。

    いやいや、いいのだ、これで。

    よく「「年末」ということを言い訳に酒を飲んでいるだけ」とか言うが、まあ、そういうことなんでしょう。

    でも、「とりあえず酒飲みたいんだけど」と一斉送信メールをしただけで、これだけ人が集まってくれるわけですから、ありがたい。

    「酒」の一文字に、ここまで敏感に動く、機動力のあるメンバー・協力者がこれだけいるので、来年もEvaは、まず、安泰。

    あとは、《 Your day’s + Eva 》の理念通り、新しい価値のある作品を創り続けられれば。

    来年もご期待ください。

    あと、Aちゃんが誕生日だったので、ケーキを出してもらって、みんなでハッピーバースデーを唄ったのでした。



    やっぱ、これ忘年会じゃなくて、誕生会じゃん。

    リンク元  (893)

    創作と批評の話

    kobayashi  2011年12月19日(月曜日) 01:51  
    演劇の世界では批評と創作は同じ人がやることが多いが、全く脳の使い方が違う作業なので、結果的に「有限不実行のこいつはダメなやつだ」という誤解が生まれる、という話を書いた。

    で、まあそれはそれとして、なぜ、そんなことが起こるのか?

    一言で言えば、マニアの世界だから、と言える。

    マニアの世界は批評がつきものなのに、マニアの世界だから人材が少ない上に、お金もないからだ。

    そもそも「マニア」かそうでないかの差は「批評するかしないか」の差と言ってもいい。
    ただ、『ワンピース』を「おもしろい」とかいって読んでいるだけなら、それはただの鑑賞者だが「あの時の、あのセリフが、カクカクシカジカという理由で、他の漫画と違ってイイ!」と言い出したらマニアの世界に片足を突っ込んでいる。
    要するに何かの作品に対して、何らかの理由を持って「良い」「悪い」の判断をし、それを人に発表し出したら、それは批評でありマニアの始まり、ということだ。

    「マニア」には「批評」はつきものなのである。

    一方で、マニアの世界は、だいたいお金がなく、人材も少ない。
    この二つはどちらが先ともいえず、鶏と卵みたいな問題だが、やはり金の無い業界というのは、「その世界一本で一生やっていこう」と思う人が少ないわけだから、人材は減る。
    で、人材が少なければ、業界が活性化しないので、お金は回ってこない、という悪循環がある。
    いつまでも、お金も人材も少ないので、創作者と批評家のプロ専業分化ができない。

    また、演劇的な業界に限れば、そもそも創作者などのプレイヤーに寿命がない、ということもあると思う。

    野球などスポーツなどの世界などは、解説者は大体、OBの仕事と決まっている。スポーツ自体がプレイヤーとしての寿命があるので、そうした住み分けができ、業界全体でプロ仕事のサイクルができる。そうなっていれば(そして、プレイヤーとしてのサラリーで十分儲かっていれば)、何も好き好んで、現役プレイヤーが他のプレイヤーを評価するような真似をする必要はないわけである。

    また、業界にお金がない、ということに起因するが、マニア業界は、その中の一流クリエイターでも、創作だけではたいして儲からない、という事情もある。

    演劇などは露骨で、おそらく先述した「せりふの時代」の常連作家でも、完全に演劇の興行だけ、で人並み以上に儲けているのはごく一部ではないだろうか?
    おそらく、マニア誌への批評、評論寄稿は彼らの重要な食い扶持なのである。そう簡単にやめるわけにはいかない。

    そうやって考えると、野田秀樹とか超一流プレーヤーはあまりこの手の演劇雑誌などに顔を出していない。
    大体、常連は興行だけではそこまで儲かっていなさそうな(ふつう程度には食えていると思うが)顔ぶれが多い。
    やはり、十分儲かっていれば、創作者の立場で他者を批評するというのは、あまり好んですることではない証明ではないか?
    という気がしないでもない。

    まあ、ほとんど演劇界での例になったが、おそらく、どこのマニア業界もこんな感じだろう。

    一般の業界より批評や論評の数が要求されるのに、人材も、金もないので、プロの批評家が育たず、しかも批評は創作者にとってのいい食い扶持になっている。
    こんな感じで、いつまでも、創作者=プレイヤーが現役ながらに他者を批評し続けることになる。

    批判したいわけではないのだ。そういうものだ、ということをネチネチ書いただけである。

    ただ、他者を批評する創作者は、それなりの覚悟は必要だと思う。批評した内容を作品に統合する覚悟ではない。
    作品を発表した時に、批評も読んでくれている「ファン」から「いつも言ってることと作品の内容が統合されてない」という、トンチンカンなそしりを受ける覚悟である。

    その時に「何言ってんすか、創作と批評はまったく違う作業で、統合なんてできっこないんですよ」などとつっけんどんに言わずに、「なるほど、確かにそうですね。
    ご期待を裏切ってしまったことは申し訳ない…。でも、おもしろかったでしょ?」とにこにこしながら言えるくらいの強さを持つ、覚悟である。

    それがあれば、創作しながら他者を批評しても、一向に構わないと思う。

    ちなみに、写真はもはや演劇界重鎮の劇作家「平田オリザ」氏。内閣官房参与とかもやったり、一時期テレビのコメンテータなんかもやってたけど、こんなおっさん知らないでしょ?
    よしんば見たことはある、って人でも、劇作家だって知らなかったでしょ? これが重鎮だ。マニアの世界はそんなものなのだ。

    ちなみにウチの奥さんは、「平田オリザはレズのおばさんだ」と言って聞かない。これ(この顔)がおばさんでなくて何なのか、と。

    確かに、そう見えるから不思議。


    リンク元  (613)

    ストーリークリエイト雑感

    kobayashi  2011年12月13日(火曜日) 23:27  
    私の父は伝統芸能である能、狂言の研究者で、十数年前までは芸術祭の演劇部門の審査員とかをやったりしていた。
    古典芸能が専門でも、やはり演劇というジャンルでは、現代劇とも仕事上のつながりがあるようだ。

    そんな父の学者仲間で「せりふの時代」という現代演劇雑誌を定期購読している人がいて、「いらなくなったのだが、どこかもらってくれる人はないか」と言っていたらしい。で、父が気を利かせて、私のためにもらってくれることにしちゃって、大量の演劇雑誌が私の部屋に送られてきた。

    段ボール二箱分。若干引いた。

    しかし、まあ、演劇人としてはいい肥やしにはなるわけで、少しずつ、興味のあるところを拾い読みしている。

    大体、こういう専門誌、というのは、マニアしか食いつかないような内容の特集と、最新の作品(演劇雑誌の場合、脚本)が冒頭に載っていて、あとはマニアしか知らない業界有名クリエイターとか批評家のコラム、で、後半にまた作品が2、3個載っている、という構成になっている。演劇以外の専門誌でも、だいたい同じである。

    で、演劇なんぞは特に狭い世界で、演劇人として有名な人、などというのはほとんどは劇作家・演出家で、それも数はあんまりいないので、どういうことになるかというと、

    【例】(これは小林のイメージですが)
    目次1 特集「劇作の未来」 対談 劇作家兼演出家A VS 劇作家B
    目次2 『(一か月前位に上演された最新の台本1)』作:劇作家B
    目次3 第2特集「演出メソッドの教育」寄稿:劇作家兼演出家A・演出家C・劇作家兼演出家D
    目次4 コラム『○○○○』演出家C
    目次5 連載『劇作教室』劇作家兼演出家D
    目次5 『(一か月前位に上演された最新の台本2)』作:劇作家兼演出家D
              ・
              ・
              ・

    わかるだろうか? 要するに300ページ余の雑誌でいろいろコンテンツはあるが、結局A,B、C,Dの4人で内容ができあがっている、ということだ。
    まあ、これは少し誇張して書いているが、概ねこんな感じである。

    ただ、マニア誌というのはたぶんどれもこんな感じで、演劇雑誌のこの点を否定したくて書いたのではない。むしろ、こういうのを面白いとさえ思っている。

    何が言いたかったかというと、こういう状態だと、同じ人間が、

    対談・コラム=「演劇に対する自分の意見」つまり「批評」



    脚本作品=「作品」

    とをほぼ同時期に、発表することになる。

    私がいくつか拾い読みをしていて最初に思ったことは、「この人、批評の時にはたいそうなこと言ってるけど、同時期に書いたはずのこの戯曲、たいして面白くないなあ」であった。

    最初はその程度の感覚であったので、「たいそうなこと言わなきゃいいのに」とか思っていたが、しばらく何冊も読み続けると、そういうことではない気がしてきた。

    そもそも、雑誌に登場している作家は軒並みそういう「たいそうなこと言ってるけど、脚本はさほどでもない」状態である。また、細かいことを言っていくと、少し前に彼が「今、こういうことが重要だと思っている」ということが、直後の戯曲にまったく反映されていない。などなど言い出したらきりがない。

    それで、気がついた。

    「創作」と「批評」というのは、そもそも統合されるはずのないものなのだ、ということだ。

    井筒監督とか、昔は大嫌いだったが、そういう観点で見ると、納得できる。
    嫌いだったころは「あんだけ人の映画こき下ろして、お前の作品そんなにおもしれえはずねえじゃんよ・・・」と思っていたが、たぶん井筒監督は人の作品を批評する時に、自分はその課題点を払拭した作品を作れる、とか、そこまで考えていないのである。いや、考えていたら、批評はできないのだ。

    すみません、井筒監督の話は書きたいから書いただけで、余計だったが・・・。

    根源的な能力、知識、ベクトルなどは創作者も批評家もほぼ同じと言える。しかし、やっている作業がまったく違うのである。

    批評はすでにあるのもを、分解し、演繹・帰納し、それに他の知識を付け加えたりして、何らかの結論を出す作業なのに対して、創作はそもそも何もないところから何かを作り出す作業だ。
    批評家が医者だとしたら、創作者は「生命を作り出す研究をしている人」くらい違う。

    だから、それらを一人の人間の中でうまく統合できないのは、仕方ないのだ。

    それって単なる開き直りでは?と言われればそれまでだが、なんというかなあ… 単純にそうとも言えない、と言うことを言いたいのだが、うまく説明できない。

    から、続く。

    リンク元  (619)

    俺ら東京さ行ぐだ

    kobayashi  2011年12月11日(日曜日) 12:44  
    前回の続きなんですが。

    吉幾三、暴力団と食事しちゃったね。

    しかし、めげずに前々回の「俺ら東京さ行ぐだ!」の続き。

    笑い系のストーリークリエイターの「創作のパターン」みたいな言い方でとりあえず終了したが、今日までの間に冷静になって、「パターン」とまでは言えない気がしてきたので、あくまで自分の場合、というつもりで述べる。

    私自身が劇作をしているので、劇作基準で考えてみる。

    基本的に演劇的なもの、というのは何らかのダイアローグ、いわゆる会話から成り立つ。一人芝居も誰かに向けての独白と考えれば広義にダイアローグと言えるし、バレエなどの舞踊劇であっても、セリフになっていないだけで二人以上の登場人物の間に肉体表現でのやり取りがあれば、それはやはりダイアローグと言える。
    それぞれにあるのは、何を表現の主体として創作するかで、一番シンプルなのはセリフで進んでいくストレートプレイで、音楽主体ならオペラ、ミュージカル舞踊ならバレエとか、そういう風にジャンル分けされる。

    で、「笑い」が主体のジャンルというのも存在する。コント、とかコメディと呼ばれるものだ。

    ただ、この「笑い」主体のものが他のジャンルのそれらと大きく異なるのは、巷で「感動」と思われているもの(例えば悲しくて涙が出るとか深く心の奥に突き刺さるとか)と同時に働きかけることが困難であることだ。本当は「笑い」も感動の一種なのだが、どうもそう解釈されていないらしい。

    セリフで、音楽で、ダンスで「感動」はできるが、笑いを見て「感動」はできないのが普通だ。
    逆に、「笑い」だけ、他の感情比べて特異なので、それだけで作品を作ることも可能、ということもある。

    そうすると、笑いのクリエイターは、まず「笑いだけ」の作品にするのか、あくまで笑いを主体にしながら何らかの「感動」を与えられる作品にするのか
    ということから選択する必要がある。

    ここからが厄介なのだが、「ストーリー」の体裁をとっていると、なぜだか知らないが「笑いだけ」の作品というのは、そうでない作品に比べ、観客に物足りなさを与え、一段低く見られる場合がある。
    これは全くいわれはないのだが、そういうことがあるのは事実だ。

    クリエイターからすると、作品は子供と一緒だ。
    例えば、良かれと思って子供にテレビを見せないようにしたら、学校で話題についていけなくていじめられた、というのは親としては困ってしまう。
    だから、テレビなんか見てたらバカになると知りながら、多少は子供に見させる。
    それと同じ?で、笑いを主体にしたストーリー創作をするクリエイターは、いわれのないそしりを免れるためにチョコっと感動の要素を入れたりする。

    で、そうすると、今度は、笑いと感動の配分をどのくらいにするか?という配分を決めなければいけない。

    しかし、自分はあくまで「笑い」を主体に書くつもりで、とにかくたくさん笑わせたいんだ、となると、当然「感動」の配分は少なくなる。

    しかししかし、そこで少ない量なりの少ない感動だと、先ほどの「いわれないそしり」を受けてしまうかもしれない。

    そうすると、少ない配分で、見ている人を一気に感動に持っていく、そういう作品ができれば、一番いい。

    と、こういうことだ。

    それを私は「俺ら東京さ行ぐだ」に感じて、秀逸だ、と評価しているのである。

    ただし、これはあくまで「笑い」を主体にした作品を作る、という前提でのことで、クリエイターは、それ自体を選ぶことができる。

    それこそがクリエイターの自由なのだ。

    幾三も暴力団と関係があったことだし、私も、いつまでも「俺ら東京さ行ぐだ」ごときに感心していてはいけない。もっとすごい作品を作れるかもしれないのだから。

    リンク元  (630)

    自作ラーメンマップ

    kobayashi  2011年12月10日(土曜日) 01:45  
    最近、いろいろと忙しい。

    前回の続きを書こうと思っていたのだが、「笑いの構造」については、いろいろ考えていたらまとまらなくなってしまった。
    から、続きはまた今度で。
    全然違う話だが、「目黒ラーメンマップ」を作った。
    だからなんだ、と。ええと、特に・・・。

    最近、月に一回、妻とお昼にラーメンを食べに行くことになっている。
    いつも写真を撮り忘れてしまいブログには上げ損ねていたが、今までも何軒か食べに行っていた。

    目黒近辺のラーメン屋を、食べて回るわけだが、とりあえずどんくらいあるのか、と一覧表を作ってみた。

    いや、本当は忙しいのだ。忙しい合間を縫って作った。

    で、一覧表を作ってみたら、目黒のラーメン激戦区ぶりはどのくらいなのか?可視化したくなった。
    要はマップを作りたくなった。

    皆さんご存知か知らないが、グーグルマップなど、フリーの地図サービスは、大体、一作業で一件のポイントしか表示できない。
    でも、今回は一つの地図にたくさんのポイントを表示し、激戦区ぶりを表したい。
    同じようなことを考えている、もっと賢い人が、そういうフリーソフトを作っているはず、と検索する。
    意外と無くて30分くらいかかった。いや、ほんとに忙しいのだが…。

    で、発見したソフトで、表示するには、今回ピックアップした全店舗の住所が必要なことに気がついた!当たり前だが。
    で、32店舗分、全部の住所を検索、入力。いや、ほんとに暇じゃないんですケド…。

    そして、件のソフトに住所を入力して、マップ完成…!
    しかし、ポイントにお店の説明コメントなどが入っている訳ではないので、本当にこの地図だけでは「激戦区だ」ということだけしか分からない…。
    なんだこの、これに費やした時間は。いや、ほんとにそんな時間ないのに、僕…。

    無理やりつなげるが、芝居をやるのも、こういう部分はある。それをやって何の役に立つか不明だが、手を抜かずにやり切る。
    そういう側面だ。

    私は、そういうことがすきなんだと思う。いや、もうヒマ人ですかね、これは。

    リンク元  (619)

    俺ら東京さ行ぐだ

    kobayashi  2011年12月04日(日曜日) 17:58  
    ニュース
    諸星和己が吉幾三“カバー”「地デジの対応なってね〜」

    だ、そうである。

    諸星和己がその続編曲(?)を作詞、発表し話題になっているようだ。

    諸星和己という人は、ヒカルゲンジのころはあまり好きではなかったが、その後あんまり売れなくなってからは、理由はないがなんとなく好感が持てるようになった。

    そして、今回の件で、さらに私の中で、彼の評価が上がった気がする。

    なぜなら私は「俺ら東京さ行ぐだ」という曲が好きだからである。



    いや、カラオケとかで歌うわけではない。というか、歌ったことはたぶんない。

    この曲の構造が、そのリリース当時から自分に響くものがあり、気に入っているのである。

    この曲は田舎者の青年?が東京への夢と希望を語る、という、概ねそういう内容になっている。
    東京は素晴らしい、俺はいつか必ず東京に行って一旗揚げるんだ!というわけだ。

    内容はない。延々、その、その青年の田舎への愚痴と、東京への想いをおもしろおかしい調子で語っているだけである。

    しかし、秀逸な部分が一か所だけある。

    さんざん、青年の東京への想いを歌い上げ、いかに青年が東京に憧れているかを並べたてながら、最後の4秒、ラストワンフレーズで、オチ的な笑いを誘いつつも
    その青年の、いや、人間の未来への願望の実態というものを突き付け、考えさせる部分である。

    オラこんな村ぃやだぁ〜
    オラこんな村ぃやだぁ〜
    東京へでるだ〜
    東京へ出たなら、ゼニコぁ貯めて

    東京でベコ(牛)飼うだぁ〜

    この「東京でベコ(牛)飼うだぁ〜」である。

    もちろん「おいおい、わざわざ東京まで出て、牛飼うのかよ、意味ねえじゃん(笑)」というオチでもある。

    が同時に、人間の願望というのは、現在の自分を起点にしか考えようがないのだ、という時空的な限界を語っているのである。

    いくら未来の願望を語っても、それは現在の願望である。未来になって、そもそも現在とベースになる前提自体が変わってしまったとき、自分がどんな願望を持つのかまでは想いが及ばないのである。

    いくら限界なく羽ばたこうと思っても、今の自分の器、という牢獄から逃れられない。
    それこそ人間の煩悩の一つの様相であり、アホなことばかり言っていた歌が、ここで一気に仏教的思想にまで昇華する。脅威の大どんでん返しのワンフレーズだ。

    いやいや、そこまで考えるのはあんただけだよ、とお思いの方もあろう。

    しかし、全体的にあんなに意味のない曲が、あそこまでヒットしたのには、今の私の文章ほど明確でないにしろ、あのワンフレーズで何か深いものを感じる人が、少なからずいたからだろうと思う。

    そして、じゃあ、この曲の作詞・作曲家でありパフォーマーである吉幾三はそこまで考えていたのだろうか?

    感覚的にであって理論的にではないかもしれないが、幾三は確実にそこまで狙って書いた、と私は確信している。

    なぜなら私も「笑い系」のクリエイターの気持ちがわかるからだ。

    気持ち、というか、「笑い系」のストーリークリエイトをする際の、パターンがわかるから、である。

    やべえ、「俺ら東京さ行ぐだ」でここまで話が長くなってしまった。。。。。

    続きはまた今度。俺ら、会社さ行かねば。


    リンク元  (617)

    山種美術館

    kobayashi  2011年11月28日(月曜日) 18:09  
    こないだ、猫カフェに行ったのと同じ日に、山種美術館という日本画の美術館に行ってきた。

    ベストオブ日本画家、とでもいうべき特設展で、たくさん有名な日本画家の絵があった。よく歴史教科書の資料集で見るみたいな写楽とか、明治初期のでっかい屏風絵とか、そんな感じ。

    なんとなく色が薄くて、のっぺりした感じの絵がたくさんあるという印象しかなかったが。

    やはり、概ね近代以前の絵なので、我々近代人が考える「アート」性とは違うものを軸に創作されているように感じた。近代人の考える「アート」性とは、その作品が持っている魂ともいえる創作根源が、作品の見え面とは別に宿っている、ということではないかと。
    そういうものでないと、迫りくる迫力を感じられない、というのが近代人の頭の構造になっちゃってると思うが、とにかく、そういう迫力みたいなものは、どの作品にも感じなかった。

    要するに近代とそれ以前では、絵画の(アートの、と言ってもいいかもしれないが)基準が、少し今とは違ったのだろうと思う。

    西洋画でもそれは同じかもしれない。

    さて、今回、菱田春草という画家の作品が展示してあって、そこに「結城正明に師事した」とあったが、この「結城正明」というのが私の爺さんの爺さんである。なので、無粋な話だが、その名前を見つけてちょっとうれしかった。

    私は芝居なんぞをやっているし、私の父は、日本の伝統芸能である「能」と「狂言」の研究などを生業としているが、実は爺さんは絵描きでそしてその爺さんである、先の結城正明も画家であった。

    結城正明というのはかなりマニアしか知らない日本画家だが(現に菱田春草のプロフィールには載っているくせに、作品は一点も展示なし)江戸城本丸内の絵を描いたり、現東京芸大発足期の講師だったりとそれなりの画家だったようだ。

    狩野芳崖の弟子で、岡倉天心などとはたぶん兄弟弟子だと思う。

    親父が子供のころは、その辺の超有名画家の絵が何点かあったそうだが戦争で焼けちゃったのと、家が貧乏すぎて売ってしまったのとで、私の記憶にある範囲では、岡倉天心からもらったという、これまた日本美術史の有名人であるフェノロサの絵の具というのだけ見たことがあるくらい。それも、作品ではなく「絵の具」だからもう、うす汚れたチューブ状のものにカスカスになった粉みたいなものが入ってるだけの、なんだかわからないもので、それさえも、どっかの美術館にタダで上げてしまった。

    もう、モッタイナイオバケ100匹?に占拠されてもいいくらい、もったいないことをする家である。

    まあ、美術館に上げてしまう、という我が家の精神は好きだが。

    いや? 上げてないのかな? 謝礼ぐらいもらってるのか?

    くそぅ、俺にくれればいいのに。

    でも、まあ、誇れる血筋をもらってるので、まあ、いいか。






    リンク元  (612)

    猫カフェの考え方

    kobayashi  2011年11月25日(金曜日) 10:23  
    先日、猫カフェに行った。

    山種美術館に日本画を見に行こうと、妻と歩いている途中、恵比寿で見つけた。
    で、帰りに寄った。

    妻はとにかく一度行ってみたかったみたいで、行く前からかなりテンションが上がっており、店に入ってしばらく、大はしゃぎであった。

    が・・・。

    二人ともすぐに冷めた。

    一言で言うと、「キャバクラ」とか風俗に似ている。

    よく女性が「彼女がいるのに、キャバクラとか行く意味が分からん」とか言うが、猫を通してその意味を知った。

    実は、我が家では猫を飼っている。
    猫カフェには猫はたくさんいる。そこそこに人間になれていてかわいいが、しょせんは他人?である。

    23匹いた猫のどれも、印象としては「そっけない」。

    性格の悪いウチのドラちゃんでも、さすがに飼い主に対してここまでそっけないことはないし(当たり前だが)、
    ドラちゃんと触れ合っている分には、一つ一つに、今まで積み重ねてきた歳月を感じて、また、そこがいいわけだ。

    猫カフェの猫と、我々夫婦の間には、何もない(当たり前だが)

    私も妻も、20分前後で冷め「早く帰ってウチのドラちゃんに会いたいな〜」と思い始めた。

    結論として、猫を飼っている人は猫カフェに行く必要はない(3度目の当たり前だが)


    猫カフェは、猫を飼いたいが何らかの事情で変えない人が行き、何度も通う中で、お気に入りの猫と仲良くなる、とういうところのようだ(現にそんな風情のお客がいた)。

    風俗は、彼女や奥さんが欲しいが、何らかの事情でモテない人が行き、足しげく通い大枚をはたくなかで、お気に入りの子を作っていく。

    う〜ん、再度、風俗に似ている。


    でも、一応猫カフェ業界の名誉のために、「我々が行った店が、たまたまよくなかった」可能性についても考えてみた。

    その店で一つだけ問題だったのは、「猫カフェ」の「カフェ」の部分が抜け落ちていた、といことだ。
    「猫ルーム」だった。

    カフェ、というのはそれないりにおいしい食べ物と飲み物がある、「人」がくつろげる空間のことを言うと思う。

    我々が行った店は、飲み物はマックバリにクリアカップに入って出てくるし、空間は「猫」には心地よさそうだが、人には全くいごごちの悪いところだった。

    20分ほどで我々夫婦がそわそわしちゃったのは、そういうことも関係しているだろう。

    逆に想像すると、カフェとしての体裁を整えている店なら、それ自体をそれなりに楽しめたろうから、20分そこそこで、そわそわしちゃうことはなかったかもしれない。

    などなど、考察した上で、1回の経験で恐縮だが、私なりの猫カフェ注意事項を。

    1、猫を飼っている人は、よほどの明確な理由がない限り、行かない方がいい。
    よほどの理由の例:飼っている猫とは別の特定種の猫を見てみたい、触ってみたい、そしてその猫がその猫カフェにいる事前情報がある。
    つまらなくてもいいから、とにかくどんなところか一度行ってみたい。など

    2、行く前にインターネットなどでよく調べ、カフェとしても楽しめるところを選択する。
    そうすれば猫の反応がイマイチだった時のダメージが少ない

    3、できれば付き合い始めのカップルはいかない。
    「ここでデートして正解だったのか?」というモワ〜っとした感じになったら取り返しがつかない。
    猫という気まぐれな動物にこれからの二人にとって重要な想い出の1ページをゆだねるのはリスクが高すぎる。

    4、3と同じような理由で、1人で行くのも多少危険である。

    5、できれば3人以上で行く。そうすると大概のことはなんとなく盛り上がれる。


    いろいろ書いたが、猫が好きでこれから飼ってみたい、なんて人は、一度行ってみるのはお勧めだ。

    猫を引き取ってもらうことを前提にしている猫カフェもあるようなので、興味のある人はいろいろ調べて
    行ってみてください。

    僕らはもう行きません。


    リンク元  (619)
    1 2 3 4 5 (6) 7 8 9 » 
    PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.  
    http://next-action.co.jp/