[ ちゃんとやります! ]

  • 小林由木のブログ
  • 2016 | 08
    2015 | 04 | 05 | 06 | 07
    2014 | 04 | 06
    2013 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10
    2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08
    2011 | 10 | 11 | 12
    2010 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12

    12 焼ける神のことば

    kobayashi  2010年9月15日(水曜日) 22:34  
    Evaの大道具や小道具は普段は倉庫にあります。

    倉庫は栃木県にあるのですが、いろいろいらないものがたまるので、たまに
    整理しに行きます。

    というか、いらないものを焼きに行くのです。

    かなりのゴミの量ですが、とにかく焼きます。

    山火事にならないように注意しながら・・・。

    で、その中にこんなものがありました。

    キルヒトでつかった「神の言葉」が書いてある、立て看板です。
    ストーリーはこんな感じ。⇒過去公演情報キルヒト

    で、その主人公キルヒトが、登場するときに持ってく出てくるのが、この立て看板。

    燃やしたら… なんかすごい画になりました!

    終末観、満点です…。


    リンク元  (617)

    主宰ブログ「ちゃんとやります」11− ト書き「ほら貝の音」

    kobayashi  2010年6月27日(日曜日) 21:06  
    お芝居の台本には大きく分けて「セリフ」と「ト書き」というものがあります。

    「セリフ」は役者がしゃべるところ、「ト書き」はそれ以外で、脚本に記録してある説明です。脚本家によってすごく細かくト書きを書く人や、ほとんどない人などいろいろですが、必ずあるのは音楽やSE(サウンドエフェクト)が流れるタイミングなどです。

    今回、私は徳川家康役ですが、徳川家康の軍勢が登場するシーンで「ほら貝」の音が鳴り、そのあと軍勢が入ってくる、というのがありました。

    当然、「ほら貝の音」というのは、SEで音響さんが音を入れます。

    演出からそれを「お前は自分で口で言って、自分で入って来い」と言われました。
    屈辱です。

    本番もそれで通すつもりでしょうか、演出は。

    いや、さすがに本番はそれでは間抜けすぎます。
    いつかはねをあげるはずです。

    本番直前に「いや、やっぱ音入れることにしたから、口で言わなくていいよ」とか言ってくることでしょう。

    でも、その時は時すでに遅しです。絶対に口で言うのを、私はやめません。

    「ぼーぼーぼー」と言いながら、間抜け面で入ってきてやるのです!

    こうなったら我慢比べだ! 負けないぞ!

    結局自分が損してる気がします。


    リンク元  (707)

    主宰ブログ「ちゃんとやります」10− 衣装合わせ

    kobayashi  2010年6月20日(日曜日) 20:10  
    この時期になると、衣装の合わせをやったりします。

    こんな感じ?



    不必要に裸の人がいたりします。


    リンク元  (613)

    主宰ブログ「ちゃんとやります」9 − 殺陣もあります

    kobayashi  2010年6月19日(土曜日) 19:37  
    今回、殺陣もありますよ。

    役者の一人でもある、佐藤君が殺陣をつけてくれています。

    ワンコイン(500円)の殺陣教室もやってます
    もはや、佐藤先生です。

    佐藤先生のつける殺陣は、美しいですよ。

    それも今回の見どころの一つ。

    稽古風景。

    前の方に写っているいるオッサンはムカツキますね。

    これ、ちなみに先週の写真です。

    ヤラセ。

    リンク元  (619)

    主宰ブログ「ちゃんとやります」8 − 渡る世間

    kobayashi  2010年6月13日(日曜日) 15:58  
    渡る世間は鬼ばかり、みたいな感じの人。

    何がどう、ということはないのですが、そんな感じじゃないですか?

    このひとマリコ。

    マリコちゃん。

    うちの看板役者です。

    今回は前回から引き続き「ヒデ」役。数少ない前回から引き続きのシリーズ統一のやくですねぇ〜。

    頑張ってほしいですねぇ〜

    マリちゃんは、パンとお饅頭が大好きです。

    食べるのが好きなのかな? マリちゃんは。

    もう、先が見えなくなってきたので、この辺で。

    リンク元  (1411)

    主宰ブログ「ちゃんとやります」7 − 透明人間

    kobayashi  2010年6月12日(土曜日) 19:47  
    黒いカーテンの前に、黒いTシャツで立つと、体が透明になったみたいになります。

    すごいです。首と腕だけ浮いてるみたい。

    養田さんです。

    堀ちえみが離婚しましたね。

    稽古は進んでいます。

    リンク元  (613)

    主宰ブログ「ちゃんとやります」6 − ただいまお勉強中

    kobayashi  2010年6月12日(土曜日) 16:22  


    みなで役のキャラクターについて、ミーティングです。

    普通の劇団がやるみたいな台本の細かいところまで読み込んで、どうのこうの、というのではありません。

    あくまで役者で演じているイメージをもとに皆で意見を出して、それを冷静に分析します。

    そんな感じで、深めていく作業を時たまやります。

    セミナー劇団。

    リンク元  (609)

    主宰小林ブログ「ちゃんとやります」5―キンケシ

    kobayashi  2010年6月06日(日曜日) 17:58  
    キンケシです。

    懐かしいですよね〜。

    稽古場の守り神として置いてあります。

    芝居の神様のご神体です。

    こうして並んでいると壮観です。

    仏像がたくさんあるお寺みたいな感じです。

    稽古は進んでおります。


    リンク元  (630)

    主宰ブログ「ちゃんとやります」-4 そろそろガンガン宣伝する時期です

    kobayashi  2010年6月05日(土曜日) 18:49  
    と、いうことで、本日、そろそろお客様にインフォメーションをし始めるように頑張ってください、とみんなに言いました。

    今日あたりから、がんがんペースアップして、稽古が進んでいます。

    そして、今までの稽古を踏まえて、役作りの深堀ブレストをしています!

    授業みたいな感じで。

    セミナー劇団です。


    リンク元  (618)

    主宰ブログ「ちゃんとやります」3 − 本日も稽古です

    kobayashi  2010年5月30日(日曜日) 14:45  
    第15代将軍足利義昭と明智光秀が出てくるシーンです。

    演じるのは養田さんと猫原さんです。

    養田さんはこのシーンで思わぬ辱めを受けることになりました。

    まあ、演出上そういうギャグ的な演技をやることになった、というだけで大したことではないのですが、このシーンの稽古をするたびに、終わった後トイレで一人で泣いてます。

    今もそうです。

    ところで足利義昭という人は、イメージ的には権威をかさに着たわがままなオッサンというイメージが強いようですが、結構威風のある立派な人だったようです。

    江戸期には1万石の大名になって、明治まで家は残っていたようです。

    ということは、家系的にご自身で認識されている子孫の方がいらっしゃることと思います。

    このブログをご覧になってたら、ぜひ、見に来てくださいね!

    ないと思いますが…。

    あと、万が一いらっして見に来ていただいても、お叱りを受けるかもしれませんね…。
    かなりユカイなキャラクターになってしまってるので…。

    リンク元  (934)