[ マリコロン ]

  • マリコのブログ
  • 2015 | 06
    2014 | 04 | 06
    2013 | 01 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10
    2012 | 06 | 07 | 11
    2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 09 | 12
    2010 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12

    その熱量の多さに脱帽です

    mariko  2010年11月09日(火曜日) 02:23  
    さて・・・八月末からずーっと
    長い間紹介してきたキャスト紹介と裏話も
    この方で最後です。

    前回、レゾンデートル気任蓮
    若き日の信長である吉法師役をやり
    その素晴らしい身体能力と
    魅力あるセリフ回しで
    私のお客様の女子を魅了し

    今回 山県昌景(ヤマガタマサカゲ)役をやってくれた
    佐藤有くん

    自身の所属する劇団の公演が稽古にかぶっていたため
    今回は役者としては、大きな役まわりではなく、
    色んな場面で私たちの芝居をサポートしていただきました。

    たくさんあった殺陣のシーンも彼の監修です

    でも、どんな役でも同じだけの熱量で挑んでいく彼の心意気

    それは殺陣をこよなく愛する姿にも通じていて、
    いつも、『どうしたら良くなるか』を考えて
    それをどう表現するかを考えいる

    前向きな、男らしい姿勢が芝居にも表れているから
    その姿に魅了される女子がいるのも納得。

    次回作も殺陣の指導者としてわがEvaに参戦してくれます。

    そう。
    次回も殺陣あります。
    そして。前回はあんまり戦わなかった私ですが、
    今回は戦いそうです。

    ダイエットにはもってこい。
    いっぱい戦って、たくさん脂肪消費するぞー。

    次回作については、またゆっくりとお話しできる機会があるかと。

    稽古場の様子も交え、この場でいろんなお話を皆様に提供できたらなと

    考えていますので、どうぞお楽しみにぃ

    リンク元  (618)

    人に感動を与える組織って・・・

    mariko  2010年10月26日(火曜日) 15:14  
    最近ダイエットの為に毎日駅三つ分くらい歩いているマリコです

    効果があったのかと聞かれたら…

    三十路の代謝の悪さ はそうそう簡単に改善されません(涙)

    だけど、頑張って体力の為に続けようと思っています

    ちなみにまだ仕事してません爆)

    さて、今回のご紹介はこちら。
    ゲンちゃん先生と同じシーンに出てましたこの二人

    左側
    校長先生役 森英律くん
    モリヒデノリと読みます。
    なんかおしゃれな名前ですよね。

    彼はEva初参戦でした


    とってもまじめで、芝居にも紳士的に取り組む良い役者さん
    そのかわいらしい校長先生とは真逆な「高僧」という
    比叡山で光秀に殺されちゃう志高い僧侶役もやっていました。
    プライベートでは、築地で働いているとか。
    朝早く起きれない私は尊敬のまなざしです。

    彼はご近所の方とかなり親しくしているみたいですが、
    それを納得できるエピソードが。

    芝居の打ち上げ風景です。このように
    大声で盛り上がりうち上がっている
    私達のことを
    隣の席にいた三人の方たちが
    楽しそうに見ていたんですよ。
    それに気付いた彼は

    「こんにちは」
    と、お酒を持ってお話に行っちゃった☆
    すごい〜!!!

    そして仲良くなっちゃったんです。
    彼がご近所の方に愛されている理由、
    笑顔で相手の懐に入っていけるそのキャラクター
    裏切らないまじめな姿勢なんだろうなと理解できました。

    これからもその「森スマイル」で頑張ってほしいなぁ♪

    さて、そのとなり。Evaではもうおなじみになっている
    森蘭丸役 ともちゃん

    いつも女の子女の子した役が多い彼女
    今回初めてかな?男役に挑戦しました。
    美少年と名高い 森蘭丸くん
    声が通って、聞き取りやすいのは前から思っていましたが
    低い声でしゃべるとかっこいいんですよ。
    イケメン男子ボイスだせるじゃーん☆と
    心の中で思っていた先輩面の私(笑)

    蘭丸の死にざまをみて、秀吉は登場するんですが
    死にざまが美しくて、つい見とれていると出トチリそうになる始末
    ダメ先輩!(笑)

    プライベートではおうちに泊まりに来たりするくらい仲良くしてもらってます。

    なんてったって食べ物の趣味が合う
    少食なEva女優陣の中で唯一
    「食べ物」の話で同じ温度で盛り上がれる
    そんな存在です。


    こうやって書いていると、
    役者としてだけでなく、
    プライベートもお友達として
    気楽に話せるような
    そんな仲間が多い気がします。
    むしろ、そういう人達でないと、
    成り立たないのかもしれないし、
    組織は継続していかないのかもしれませんね。
    会社と違って、「お金の為」という割り切りはないわけですし、
    人間関係が円滑なのが一番。
    その為にはやっぱり各個人への「思いやり」も重要

    一人ひとりを尊重できる、そんな場所は
    ともすれば芝居集団としては「お遊び」と思われかねないですけれど、
    一人の人間も尊重できない周りを幸せに出来ない集団では
    きっと、多くの人に感動や幸せを与えることはできないんじゃないかと


    マリコはそう思います。

    最近の私のキーワードはどうやら
    「感動」を人に与えるということらしい。

    そんな私、きれいに痩せて
    まず自分に感動を与えてあげましょう(笑)
    (結局自分かい!!!)

    リンク元  (633)

    とっておきの「いってらっしゃい」を君に

    mariko  2010年10月20日(水曜日) 23:35  

    この紹介は芝居の出演順と
    最初の方で書いていましたが、
    この方のメイン役での登場、
    実はもっと早かったんです

    あえてこの時期にしちゃったのには訳があります
    その人物とは、先生=ゲンちゃん と、武田勝頼を演じた
    澤木柚季江さん写真は勝頼の時の写真ですねー。
    顔がほとんど見えてませんね…すいません
    後ろにうっすら舞台監督さんも映ってますね。(笑)

    柚季江ちゃんと言えば、その心にしみこむ声と表現に男女問わずファンが多く、
    私と千恵ちゃんを除けばEvaにもっとも多く出てくれている素敵な役者さん

    そんな彼女が今週末舞台に出演!!

    二人芝居ってことで、彼女の魅力が余すところなく満載☆

    いっぱい柚季江ちゃんがみたーい♪という方、ぜひ足を運んでください

    以下、柚季江ちゃんホームページより

    二人芝居の主演をやらせていただきます。
    一時間ほどの二人芝居です。

    お時間ありましたらどうぞ足をお運びくださいませ☆

    席数が少ないので、もしご都合つきそうでしたら、お早めにご連絡ください。


    【WiTH】プロデュース第一回公演
    『DIVIDED』

    2010年10月23日)、24日

    劇場:新宿サニーサイドシアター
    チケット
    前売 2,500円
    当日 2,800円

    公演日時
    23日(土) 17:30 20:00
    24日(日) 14:00 18:00
    ※日時予約制 30分前開場 全席自由

    作・演出
    イマイトシヒロ

    cast
    澤木柚季江
    大澤俊英

    【WiTH】プロデュースとは
    IDEALKINGDOM イマイトシヒロのソロプロジェクトで、親好のある役者を主演(With)に招き 二冠、少人数形式での舞台公演を行う企画である。
    記念すべき第一回公演に招いたのは 女優 澤木柚季江。
    イマイの「世界観」と澤木柚季江の「表現力」二人のコラボレーションに乞うご期待。

    <あらすじ>

    いつかの時代。
    とある地方に、二つの民族からなる国があった。
    南方の優性民族
    北方の劣勢民族
    南方に生を受けたが故「知る」事を義務づけられた女。
    北方に生を受けたが故「知らず」にいる事で生きながらえてきた女。
    「知ろうとする者」と「知らないでいる者」
    出会うはずのない二人が出会った時
    互いの運命にズレが生じ始め・・・今一つになる。

    YouTubeで予告映像がご覧いただけます。
    携帯では無理かもしれませんが、よろしければ試してみてください。
    ステレオ版
    http://www.youtube.com/watch?v=1L4p5FrmdGc
    モノラル版
    http://www.youtube.com/watch?v=fx6_N0fT2nM


    どうぞEvaでの彼女とはまた違った雰囲気を味わいに
    週末は新宿の劇場に足を運んでみてくださいね。

    澤木柚季江ホームページ Snow feather

    レゾンデートル2で、私ヒデにとっておきの「おかえり」をくれた彼女に
    今度はわたしが、とっておきの「いってらっしゃい」を言わなくちゃね。



    リンク元  (656)

    偉大な僧侶様に今でも教えを請うワタシ

    mariko  2010年10月02日(土曜日) 20:39  
    さてさて、早いものでもう十月…
    一年が過ぎるのが本当にあっという間ですね。
    この、紹介もいつまで続ける気なんでしょうか…ワタシ
    今月中には終えて新しい話題を提供したいと考えています。

    さて次はこの方たち。


    岩野麻貴子さん

    上久保慶子さん演じる



    ビジュアル系僧侶親子顕如 教如さんです。


    なんか。お笑芸人紹介みたいなうたい文句になってしまった…


    この衣装。すごいですよねー。
    見に来た私のかわいい女の子たちが

    「あの衣装着たいー」って言ってくれて

    多少ながら今回衣装さんお手伝いした身としては嬉しかったですね

    まぁ、この二人がもともとモデル並みに何でも着こなせちゃうっていうのも
    かっこよさのプラスであるんですけど。

    さて、ほとんど、二人で芝居しているこの二人に
    メインキャストとして唯一からむのが
    ワタクシ「秀吉」ことヒデちゃん

    本願寺にお願いに行って、未来を知っているだけで何にもかえられない
    そんな自分の無力さに打ちひしがれるシーンですね。


    最後まで、このシーンは苦しみました。

    ワタシね昔からセリフ覚え良かったんですけど、
    このシーンだけはどうしてもセリフがうまく覚えられなくて…

    なんか別のこと言っちゃったりするんですよね。

    稽古中に顕如様に「人間は金という欲を増やしただけかという問いかけに

    本当は「いいえ、金の使い方を間違えているだけです」と言わなきゃいけないのに


    「いいえ。金という欲を増やしただけです


    っておんなじセリフ繰り返してるぅぅーっ

    顕如役の岩ちゃんが『…これじゃあエンドレス…』って心の中で思ってたけど、
    次のセリフを出してくれたから、芝居は次に進んだんですけどね(笑)

    教如役の上久保慶子ちゃんは眼がすごい。
    秀吉睨んでる目にすごい力を感じてました。

    二人とも芝居に対してまっすぐで、とっても良い役者さんですので
    本願寺のシーンはいっぱいプレッシャーもありましたけど、
    とっても楽しいシーンでした。


    このお二人は殺陣シーンでも大活躍☆
    オープニングのかっこいい殺陣では
    織田軍の兵士として出ています
    二人とも眼力あるからかっこいいんだよなぁー
    そして義元を一緒に切りに行く仲間でもありました。
    写真で見ると秀吉…ちっちゃい・・・(笑)
    エンディングの明智軍としてもかっこよく活躍していますよー。
    わかったかしら。


    そうそう。私、今日顕如様に教えを請いまして、
    顕如様、携帯できちんと教えてくれました。

    それは「魚のさばき方」顕如様も教如さまも料理が上手なんですよ

    さて。。。がんばって教えを実践しますか。



    リンク元  (44104)