[ マリコロン ]

  • マリコのブログ
  • 2015 | 06
    2014 | 04 | 06
    2013 | 01 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10
    2012 | 06 | 07 | 11
    2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 09 | 12
    2010 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12

    仮面の下の素顔

    mariko  2010年9月20日(月曜日) 21:28  
    ご無沙汰しております。
    今回のご紹介はこの方。
    明智光秀役 猫原千恵さん

    Evaではたぶんその出演作品の半分以上が男役だったんじゃないか
    と思われる男前な役者さん
    男性ファンはもちろん、女性ファンもたくさんいる
    両刀なお方←両刀って言わないか…

    今回は彼女、あっと驚く『悪役』

    いや、悪役って書くと悪代官のようなひどい悪役を思っちゃいますが、
    そういうひとくくりの悪役ではなくて、
    環境が変わるとこうも人は変わってしまうんだというのを
    体現したキャラクターだったと思います。
    本人も言ってましたが、芝居のほとんどを仮面をつけていたので、
    本能寺の地下で顔を見た時、「あ、久しぶり」って思わず思ったほど。

    仮面の下で光秀が何を考えていたのか。
    彼の仮面の下で野望も水面下にすすんでいたような
    そして仮面をとるときは野望を明らかにするとき。

    今考えたらそんな感じで、仮面はいい役割を果たしていたような気がしますね。

    人はだれでも心の中に仮面があって、仮面の下はわからない。
    もしかしたら本人すらも。
    そんな仮面の下の心はもとは善良であったとしても
    環境が変わったり、大切なものを見失ったりして、
    その人のとる行動は、ある人物に対しては『悪』にうつる

    本人がそれを悪と認識しているのか、欲望と認識しているのか、はたまた
    それは「善」だと認識しているのか。
    その違いが行動を変えることもある

    彼はどう思っていたんでしょう。と、光秀の気持ちに思いをはせてみたり。
    秀吉もきっとそんなことを思う日があったに違いないです。

    しかし・・・考えてみたら秀吉は
    恩師であり、戦友であった男を自ら切ったわけです。
    そして大事な信長も救えなかった。

    なんか2時間ドラマなら、やさぐれてたり自閉症になりそうなトラウマ(笑)

    でも、彼はきっと前を向いて、その世界を生きていったと思います。
    それだけめまぐるしい時代でもあったと思いますが
    その傷を忘れることなく心に刻んでいってより大きな人間になったんじゃないかな
    という私の推測。

    あれ・・・?

    猫原さんの紹介だったのに結局自分の話に…(汗)

    私の仮面の下は『自分を見てくれ』ってアピールでいっぱいなのかもしれませんね(笑)

    リンク元  (624)

    コンビがトリオで。そしてシングルでもある私たち。

    mariko  2010年9月07日(火曜日) 02:16  


    毎日毎日暑いですね…
    この間京都で最高気温が
    39.9度あったとか・・・
    今まで出した私の最高体温が
    38.3度くらいだったことを考えたら、
    そんな気温、未知の世界です。
    異常です。異常気象・・・

    今回紹介する方は、右側は
    こんな異常気象は「フォトンベルト」のせいだ!!と
    稽古場で豪語していた青年。
    藤吉郎役宮嶋亮伍君
    藤吉郎の頭良くて活発でお茶目なキャラクターを自然に演じていて
    一緒に芝居していてとても楽しかった。
    彼の普段からのキャラクターも一緒にいてとても楽しい人。
    よく笑い、よくしゃべる。しゃべる。しゃべる。
    稽古場の休憩時間に「フォトンベルト」の話を必死にしていた彼の姿が
    とても印象に残っています。

    そして左側はただ今築地本願寺ブディストホールで本番真っ最中の
    蜂須賀小六役残間 統(はじめ)君
    先に紹介した宮嶋君とはコンビで出てきてましたが、
    彼は字で表すならばこんな感じです
     
    黙…黙…黙・・・しゃべる・・・黙・・・黙

    でも、きっと心の中はいつも面白いことを考えていると思います。
    だって、稽古場で彼がやることはいつも面白い。
    役柄や動きなんかも細かく考えてきていてしっかりと芯を作ってくる。
    一見正反対の二人のコンビは、実はとても合っていて、
    本当に地元で知り合いだったかのような
    そんな空気が流れてました

    そしてそこに三人目の私、秀吉が参入する。

    皆様にはどう見えていたでしょうか。

    いちおう、トリオに見えたかなぁ・・それともやっぱり
    秀吉は一人孤独に見えたでしょうか。

    トリオに見えてもよし。孤独に見えてもよし。
    けっきょくどっちでもいいのか?(笑)

    人間は多面体ですからね。見方は一つじゃない
    仲間に入っていてもどこかにぬぐい去れない気持ちがあるってこともあるでしょう
    秀吉という人間がちゃんとお客さまに伝わっていたら、
    どちらの見方もありなんじゃないかなと私は思っています

    さて、次のご紹介は…

    え?その前に「フォトンベルト」を説明してくれ? ・・・・そ、それは・・・

    ・・・宮嶋くーん。説明してあげてくださーい。(笑)


    リンク元  (841)
    (1) 
    PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.  
    http://next-action.co.jp/