[ マリコロン ]

  • マリコのブログ
  • 2015 | 06
    2014 | 04 | 06
    2013 | 01 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10
    2012 | 06 | 07 | 11
    2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 09 | 12
    2010 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12

    あら、もう二月じゃない

    mariko  2011年2月05日(土曜日) 03:06  


    気が付いたらもう二月です…

    前回の記事で
    時間の感覚の話書きましたが

    まさに私にとって「あっ」というまに二月になった気がします。

    もう再来週本番じゃん。

    再来週、中野でこのブログをご覧の皆様に会えるのが楽しみです

    (誰かわかんないけどきっと見てくれている人は来てくれる人だと信じてますから)



    ところで、普段、

    ほとんど甘いものを食べない私。

    ケーキバイキングとか、

    スイーツ食べ放題とか

    ほとんど元取れない。


    本当においしい甘いものを
    ブラックコーヒーや紅茶と一緒に
    少し食べるのが好きだ。

    コーヒーや紅茶と甘い物のマリアージュが好きだ

    ワインなら甘口もいける。

    しかし、後味が甘すぎない方が好み

    そんな私が、ダイエットをすると甘いものが急に欲しくなる。


    普段食べないくせに。なぜなぜ???

    抑圧されると欲しくなるのか

    と、思っていた。


    でも、低血糖ダイエットをし始めて、

    夜炭水化物を抜き、糖質を出来るだけ取らないでいるから

    脳が手っ取り早く糖を吸収できる甘いものを欲するんだと思う。


    体って正直だ…

    芝居をする上でも、体は正直なのだ。

    というより、

    脳が正直とでもいうのか・・・



    脳が指令を出して体が動く。

    逆にいえば、体がその姿勢をとれば

    「今、そういう感じなのね』と脳が勘違いをしたりするわけで

    楽しいことがなくてもずーっと笑っていたら、なんだかほんとに楽しくなったり

    ずっと大声で叫び続けていたら、ほんとに泣けてきたり。


    芝居は嘘の世界だけど、もしかしたら脳に

    それを本当だと錯覚させてナンボなのかもしれないですね。

    そしてその『脳に錯覚させる』ということが

    役者が役になりきる感覚なのかもしれません



    前回の芝居では

    殺陣の時に、みぞおちに

    一発くらう芝居をしていたら

    何度も練習するうちに、

    そんなの嘘なのに

    『本当におなか痛くなった』という経験が

    二回か三回ありました。

    正直すぎるでしょ私の体、

    そして単純すぎるでしょ私の脳みそ・・・

    あ、ならば、ダイエットも脳に錯覚させて

    『病弱で食べれない人』という役やればいいのでは!!!


    しかし。だがしかし。。。


    私にそんな役が回ってくる確率と

    なんでも美味しそうに食べる役

    どちらが回ってくるかって言ったら…



    後者でしょ。もちろん・・・


    無駄な妄想はしないで、さっさと筋トレしてもう寝ます(笑)

    あ、ちょこちょこ乗っけている画像は今回の芝居の
    『イメージ画像』です。


    リンク元  (613)
    (1) 
    PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.  
    http://next-action.co.jp/