[ ちゃんとやります! ]

  • 小林由木のブログ
  • 2018 | 05 | 10
    2016 | 08
    2015 | 04 | 05 | 06 | 07
    2014 | 04 | 06
    2013 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10
    2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08
    2011 | 10 | 11 | 12
    2010 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12

    山種美術館

    kobayashi  2011年11月28日(月曜日) 18:09  
    こないだ、猫カフェに行ったのと同じ日に、山種美術館という日本画の美術館に行ってきた。

    ベストオブ日本画家、とでもいうべき特設展で、たくさん有名な日本画家の絵があった。よく歴史教科書の資料集で見るみたいな写楽とか、明治初期のでっかい屏風絵とか、そんな感じ。

    なんとなく色が薄くて、のっぺりした感じの絵がたくさんあるという印象しかなかったが。

    やはり、概ね近代以前の絵なので、我々近代人が考える「アート」性とは違うものを軸に創作されているように感じた。近代人の考える「アート」性とは、その作品が持っている魂ともいえる創作根源が、作品の見え面とは別に宿っている、ということではないかと。
    そういうものでないと、迫りくる迫力を感じられない、というのが近代人の頭の構造になっちゃってると思うが、とにかく、そういう迫力みたいなものは、どの作品にも感じなかった。

    要するに近代とそれ以前では、絵画の(アートの、と言ってもいいかもしれないが)基準が、少し今とは違ったのだろうと思う。

    西洋画でもそれは同じかもしれない。

    さて、今回、菱田春草という画家の作品が展示してあって、そこに「結城正明に師事した」とあったが、この「結城正明」というのが私の爺さんの爺さんである。なので、無粋な話だが、その名前を見つけてちょっとうれしかった。

    私は芝居なんぞをやっているし、私の父は、日本の伝統芸能である「能」と「狂言」の研究などを生業としているが、実は爺さんは絵描きでそしてその爺さんである、先の結城正明も画家であった。

    結城正明というのはかなりマニアしか知らない日本画家だが(現に菱田春草のプロフィールには載っているくせに、作品は一点も展示なし)江戸城本丸内の絵を描いたり、現東京芸大発足期の講師だったりとそれなりの画家だったようだ。

    狩野芳崖の弟子で、岡倉天心などとはたぶん兄弟弟子だと思う。

    親父が子供のころは、その辺の超有名画家の絵が何点かあったそうだが戦争で焼けちゃったのと、家が貧乏すぎて売ってしまったのとで、私の記憶にある範囲では、岡倉天心からもらったという、これまた日本美術史の有名人であるフェノロサの絵の具というのだけ見たことがあるくらい。それも、作品ではなく「絵の具」だからもう、うす汚れたチューブ状のものにカスカスになった粉みたいなものが入ってるだけの、なんだかわからないもので、それさえも、どっかの美術館にタダで上げてしまった。

    もう、モッタイナイオバケ100匹?に占拠されてもいいくらい、もったいないことをする家である。

    まあ、美術館に上げてしまう、という我が家の精神は好きだが。

    いや? 上げてないのかな? 謝礼ぐらいもらってるのか?

    くそぅ、俺にくれればいいのに。

    でも、まあ、誇れる血筋をもらってるので、まあ、いいか。






    リンク元  (612)
    (1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
    PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.  
    http://next-action.co.jp/