[ ちゃんとやります! ]

  • 小林由木のブログ
  • 2018 | 05 | 10
    2016 | 08
    2015 | 04 | 05 | 06 | 07
    2014 | 04 | 06
    2013 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10
    2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08
    2011 | 10 | 11 | 12
    2010 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12

    こども

    kobayashi  2012年5月12日(土曜日) 10:30  
    皆様、次回公演情報、見ていただけましたでしょうか?

    今回の脚本は、クレジットにもある通り、二人の作家の合作である。

    最初から企画ありきではなかったが、私が原案のアイデアを栃木に相談する、それを取り入れて書く、栃木にチェックしてもらう、私が修正する、栃木が加筆する…とやっているうちに今までにないものができあがった。

    そんなだったので、何度かPCの前で二人で修正を入れていく、というようなこともあった。

    その際は、私が栃木の超高級マンションに行く。
    栃木の超高級マンションだと作業がはかどるからだ。
    「超高級マンション」…。まあ、それは、いいや。

    さて、栃木には2歳くらいだと思うが、娘がいる。「しい」ちゃん、という。

    前回「ショウジョウ時代」のDMの写真の女の子だ。

    私が何度か訪れた3月頃は、まだ、しいちゃんは「人見知り」であった。ピークは過ぎていたらしいが、それでも、私のようなわけのわからない男に心を開くはずもない。

    あまりこちらからはちょっかいを出さないようにした。それでも、まあ、逃げてママの後ろに隠れたり、泣いちゃったりするのかなあ、などと思っていた。

    しかし、その後、私はしいちゃんの行動に、愕然としたのである。

    泣きもしない、逃げもしない。

    しかし、私を「見ない」のだ。どういうことかというと、私が視界に入ると目をつぶるのである。

    オーバーな動きはないが、これは地味に強烈な拒絶である。

    しいちゃんがちょろちょろ動く。しいちゃんに気を使って、私はじっとしている。自分が動いたからなのに、しいちゃんは私が目に入ると、視界遮断のリスクも顧みず即座に目をつぶる。

    私は40年生きてきて、これほど絶対的に自分の存在を否定されたことはない、と思った。

    そういえば、昔、私はしいちゃんの親父にも、とんでもない存在の拒絶を受けたことがるのだ…。

    あの親にしてこの子あり、だ。

    くそぅ。

    二代にわたって俺を辱めやがって、栃木家め!

    さて、お父さんの方にどんな拒絶をされたかは… 次回配信のメルマガをご覧ください。

    気になる方は、ご登録を → ここから登録
    ら〜らば〜い!

    リンク元  (621)
    (1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
    PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.  
    http://next-action.co.jp/