[ ちゃんとやります! ]

  • 小林由木のブログ
  • 2018 | 05 | 10
    2016 | 08
    2015 | 04 | 05 | 06 | 07
    2014 | 04 | 06
    2013 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10
    2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08
    2011 | 10 | 11 | 12
    2010 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12

    大食いキャラ

    kobayashi  2013年7月13日(土曜日) 11:57  
    芝居とは関係ないが、最近、私の大食いキャラっぷりが浸透してる。

    会社で、毎週1回、福利厚生で弁当が支給されるのだが、誰かが急に休んで、1個余ると、自動的に私にあてがわれる。もちろん、2個分、普通に完食する。

    Evaも皆、付き合いは長いのだが、飲むことの方が多くて、「大食い」というイメージは最近までなかったようなのだが、昨年くらいに、皆で旅行に行ったとき、旅館の飯を5杯も6杯も7杯もおかわりする姿から、大食いキャラが定着した。

    まあ、たまたまそういう姿を見られているということがあるが、「年齢」ということもあるだろう。そんなにびっくりするような量を食べているわけではない。若ければ普通かもしれない。だが、自分が40歳なので、当然周りも若い人間は少ないわけだし、40歳にもなってたくさん食べるというのが、「大食い」感をさらに大きくしていると思う。

    しかも、どうも、うちの爺さんというのも、大食いだったらしい。やはり、40歳を超えて、家で飯を食ってから人に誘われて出かけ、外食で天丼を2杯食ったとか、そういう逸話がいくつかあるようだ。

    若いころは、「自分は食に興味がない」と思い込んでいた。私の若いころは、まだ、バブルのにおいが残っていて、「どこの店の何々がおいしい」とかそういう話題がファッショナブルに行われていて、そういうのにまったく興味がなかったからだ。
    だが興味がなかったのは、私が天邪鬼で、みんなが騒いでいるとそれに乗っかりたくない、というところがあったからのようだ。

    最近は「自分は食べるのが大好きみたいだ」と思っている。

    歳をとってから、結構、自分の本来の趣味嗜好がわかってきたりするらしい。





    リンク元  (618)
    (1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
    PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.  
    http://next-action.co.jp/